数十円や数百円程度であれば貸すというよりもあげるという感覚なので返ってこなかったとしてもそこまで気にしません。しかし、私の中で千円以上は大きなお金と考えているので、貸したからには絶対に返してほしいです。お金に対してこのように考えるようになったのは、お金にルーズな友達がいたからです。友達とは行動を共にする仲だったのですが、その際にお金を貸してほしいと頼まれることが多かったです。当初は数百円程度だったのですが、徐々に千円を超える金額になっていきました。
財布忘れたときの対処法

そして、お互いに働き始めてからも三千円や五千円を貸してほしいと頼まれることが多く、さすがにこれ以上は貸せないと思うようになっていました。そこで、貸したお金の合計が10万円を超えた場面で返済を迫ったのですが、それ以降連絡を取れなくなってしまい、非常に残念な気分になっています。謝罪よりもお金を返してほしいところですが、全く連絡が取れないのでどうしようもありません。お金の貸し借りはすべきではにとわかったので、今後誰かに頼まれたとしても断るつもりです。